処分するモノ、残すモノを選ぶセンス

相手を評価するもの

それが、顕著になるのが、靴。元気な人の靴は、つやつやとして、どこか覇気を感じさせるもの。反対に、日々のノルマに追われ、あくせくした生活を過ごしている人の靴は、かかとは不自然に磨り減っているし、手入れがされていないので、なんとなく疲れた印象があります。前述したことですが、人は第一印象で相手を評価するもの。そして、その印象を決める要素として、靴と時計が大きなウエイトを示すそうです。疲れているからといって、あるいは落ち込んでいるからといって、たかが靴がくたびれていることで家族にまでマイナスの評価を与えているとしたら、こんなにもったいないことはありません。家族の様子は、下駄箱でわかります。きちんと靴の管理、つまり「定位置」が守られ、その日に履いた靴を玄関で1日休ませておける状況ならば心配はいりません。でも、ちゃんと、%収納が理解できているのに、靴の管理ができていないとなると、問題です。忙しすぎるとか、疲れているなど、何か負担を感じているはずです。そのようなことを、速やかに見て取り、迅速にケアをする、そんな対応をしてあげるのは、家庭での70%収納のリーダーであるあなたの役割なのではないでしょうか。